女性と犬

犬にも皮膚病が存在する|犬の様子を確認して動物病院へ行こう

食べっぷりの良さを考える

ドッグフード

味の濃い食べ物に慣れてしまった犬が、ドッグフードをあまり食べてくれなくなった場合は評判の良い製品を探して与えてみましょう。特に食べっぷりの良さが評価されているドッグフードを選べば、犬の食生活の問題を解決することができます。

Read More

おもちゃとドッグフード

女性

子犬用のおもちゃもドッグフードも、ペットショップやホームセンターで入手できます。しかし、インターネットショップもかなり増えてきました。おもちゃやドッグフードは、ネット通販で買うのが当たり前になってきています。

Read More

役に立つサービス

獣医と犬

動物病院のサービスが手厚くなっていますが、サービスだけで決めてはだめです。犬と飼い主の気持ちになってくれる獣医がいるかどうかが大事です。また、最近は犬の病気を予防するのに、手作り食の通販サービスを利用する人が増えてきました。

Read More

ペットの皮膚の痒みや痛み

レディと犬

不快な症状は緩和を

飼っている犬が後ろ足で体を頻繁にかいたり一部分をずっと舐めているというのなら、皮膚病を患っているかもしれません。皮膚病は痒みや痛みなど不快な症状がずっと続く病気なので、愛犬が快適な生活を送るためにもきちんと治さなければいけません。ただし、治すのはそれほど難しくなく、動物クリニックに訪れれば適切な薬を処方してくれますので、飲み・塗り薬を使って嫌な症状を取り除いてあげましょう。また、人間が生活をする上で発生するハウスダストなどのせいで、アレルギーの症状がでてしまう犬もいます。この場合も動物クリニックで診察を受ければ、きちんと解明してもらえますので、アレルギーから遠ざけるためにも原因物質を特定してもらいましょう。

舐めないようにするために

犬の皮膚病を治すときには患部を舐めないようにするのが大切なのですが、動物はそのことが理解できません。そのため、エリザベスカラーと呼ばれる器具を利用して、舐めるという行動ができないようにしてしまいましょう。この器具は首に巻くだけで効果がありますので、もしも動物クリニックから借りられなかった場合は自身で用意することをオススメします。エリザベスカラーは単純な構造の器具となっていて、価格もそれほど高くありませんので愛犬のために導入しましょう。なお、アレルギーだった場合は薬の治療以外で、生活環境の改善が必要となることがあります。原因の物質に接触しない方法や食事を変えるなど色々とありますので、動物クリニックのドクターの指示にきちんと従い、皮膚病自体もしっかりと改善しましょう。